ファッション・カルチャー・アート…舞川あいくが発信するライフスタイルフォト

column

【ライブレポート】AAA 初のドーム公演は7人で生み出した歓喜のステージ!ニューシングル&アルバムのリリースも発表!

2016/11/30

AIKU:WWS
 
11月16日、AAAがデビュー11年目にして初のドーム公演『AAA Special Live 2016 in Dome -FANTASTIC OVER-』の最終公演を東京ドームにて開催した。
 
激しい稲光と共に純白の衣装に身を包んだ西島隆弘、宇野実彩子、浦田直也、日高光啓、伊藤千晃、與真司郎、末吉秀太の7人がステージに登場すると大歓声が響き渡る。
 
AIKU:WWS
 
ライブは『LEAP of Faith -Dome ver-』から始まった。その圧倒的な存在感に歓喜の声援は止まらない。続いて切ないバラード曲『愛してるのに、愛せない』で、しっとりと聴かせた後には、與が伊藤の頭を引き寄せるシーンから始まり一際大きな声援が響き渡った『SHOUT & SHAKE』へと繋いでいく。花道を歩きセンターステージへ進むと、息の合ったダンスパートで会場を沸かせる。『Charge & Go!』ではセンターステージが会場後方ステージまで移動。
 
浦田が「今日は最後まで楽しんでいこうぜ!」と叫び、日高も「皆さん、踊れる?歌って!どんなに会場が広くてもバッチリ聞こえてるぞー!」と会場を盛り上げ始まった『LOVER』では西島、宇野、浦田、日高の4人と、伊藤、與、末吉の3人が2チームに別れ会場を一周する。広い会場を次から次へと移動していく中、メンバー同士が体を寄せ合ったりカメラ目線で様々な表情を見せたりと、ここでしか見られないAAAの色々な姿を見せてくれた。
 
赤と黒を基調とした衣装にチェンジした後は空気が一転、末吉にスポットライトが当てられ『僕の憂鬱と不機嫌な彼女』が始まる。その切ない思いを表現するとオーディエンスは吸い込まれるようにステージへ引き込まれていく。続く『Miss you』では曲中に照明が落ち一瞬の静寂の後、浦田と西島がアカペラで歌唱。どこまでも伸びやかな歌声を響かせ、その後はステージからシャボン玉が吹き出し、まるで雪のように綺麗に舞った。
 
AIKU:WWS
 
そして歌いだした瞬間に、待ってましたと言わんばかりの声援が沸き上がったAAAの大ヒット曲『恋音と雨空』が歌唱され、畳み込むように『さよならの前に』を披露。心に染み込むバラード曲の連続で会場を魅了した。
 
「東京ドームファイナルへようこそ!いくぜ、5万人の歓声・・・東京ドーム楽しんでますか!」と浦田が問いかけると、もの凄いパワーの声援で応えるオーディエンス。伊藤が「何回も聴きたいね、この歓声は!」と感想を話し、続いて宇野が「お仕事帰りの方、学校帰りの方・・・今日もお疲れ様!」と癒しの言葉をオーディエンスへ投げかける。
 
一際テンションが高いのは西島。唇をプルプル震わせたり、変顔を披露したり、「4フィンガーモザイク」という謎の挨拶(?)を生み出したりと、ドーム最終公演という事もあり西島のテンションも凄まじい。
 
日高、與、末吉が「仲良し3人組です!」と話し始めると末吉が「みんな、秀太お兄さんだよ〜。AAAが大好きだよっていうお友達はいるかな〜?」と歌のお兄さん風に話し始める。照れながらも日高と與もそのノリについていき、最後は3人で肩を組み仲の良さを見せつけると会場は和やかな空気に包まれた。
 
AIKU:WWS
 
後半戦の幕開けは、宇野と伊藤のユニット・Misa-Chiaが登場し『Jewel』を歌唱。可愛すぎる輝く笑顔を振りまき、コール&レスポンスを求めると「まだまだいけるね?」と宇野がキュートにオーディエンスを煽る。負けじと更に大きな声でオーディエンスが応えると「ありがとう!」と2人が満足そうに感謝の気持ちを伝えた。
 
それぞれ個性溢れるカジュアルな衣装にチェンジした後は『Eighth Wonder』で、会場全員が叫びヒートアップ。熱くなった会場へ末吉が「オマエら、かかってこいよ!」と荒々しく煽り『GAME OVER?』でオーディエンスを熱狂の渦へと巻き込んでいく。
 
宇野が「みなさん楽しんでますか?まだまだ踊り足りなくない?皆で騒ぎましょう!」と今年の夏を多いに盛り上げた楽曲『NEW』でお祭り騒ぎの会場を1つにした。
 
アッパーチューンの連続で盛り上げた後は、10月5日にリリースされた新曲『涙のない世界』で、その歌声と表現力を改めて見せつけ、『NEXT STAGE』『PARTY IT UP』とラストスパートで終盤戦を盛り上げていく。浦田が「最後にこの曲を聴いてください!」と『Yell』で本編を締めくくりステージを後にするAAA。
 
AIKU:WWS
 
しかし鳴り止まぬアンコールに再びステージへ登場。アンコールは『ハリケーン・リリ、ボストン・マリ』から始まる。会場を1周しながらタオルを振り回しAAA旋風を巻き起こし『Get チュー!』『MUSIC!!!』と続けて歌唱したところで浦田が「アンコール、どうもありがとう!」と感謝の気持ちを伝える。
 
大歓声が鳴り止まぬ中、浦田が「帰りたくないね」と話すと宇野も「家に帰ったら寂しいね」とライブの終わりを名残惜しく感じているようだった。
 
ここで今大人気のピコ太郎の話題になると末吉が『PPAP』を歌い始め会場全員で歌いきると、これに触発されたのか西島が與を巻き込み「I have a 真司郎、I have a にっしー 」と歌い出し会場は大爆笑。
 
そして末吉が與の服装を見て芸人の「GO!皆川」に似ているという話しを始め、GO!皆川のギャグ「うんちょこちょこぴー」を末吉と與の2人で決めると、テンションが上がったのか「皆で2人組になってやろうよ!」という話しになり、それぞれペアを組むと1人取り残される西島。しかし西島は1人で2人いるように見せる高速ステップで「うんちょこちょこぴー」を決めるとまたも会場は大爆笑。
 
笑いに包まれた会場へ向け浦田が「ここで皆様にご報告が・・・」と語り始めると会場は一気に期待の空気に。来年の2月にニューシングルと、オリジナルアルバムのリリースが決定したことが発表されると歓喜の声援が響き渡った。
 
オーディエンスと共に大合唱を響かせた『Love』、そしてラストナンバーは『虹』。7人が集まって七色の照明で照らされた瞬間、光り輝くテープが天から降り注ぐ。大感動のステージは遂にフィナーレの時を迎えた。
 
「11年かけてやっとこのステージに立つことができました!AAAとして立ちたいステージ、立つべきステージはまだまだあると思います!これからも頑張っていきますので応援宜しくお願いします!」と浦田が思いを語り、7人がマイクを通さない生声で「ありがとうございました!」とありったけの感謝の気持ちを伝え、惜しみない拍手に会場が包まれる中『AAA Special Live 2016 in Dome -FANTASTIC OVER-』は幕を閉じた。
 
ドーム公演という偉業を成し遂げたAAA。しかし彼らにとっては新たなステージの始まりにすぎないのかもしれない。そう思わせる3時間をあっという間に感じさせる圧巻のパフォーマンスであった。どこまでも進化を続けるAAAの今後の活動にも期待の高まるステージとなった。
 
(取材/文:山岸一之)
 
AIKU:WWS
 
11月16日『AAA Special Live 2016 in Dome -FANTASTIC OVER-』セットリスト
 
M1.LEAP of Faith -Dome ver-
M2.愛してるのに、愛せない
M3.SHOUT & SHAKE
M4.Charge & Go!
M5.LOVER
M6.僕の憂鬱と不機嫌な彼女
M7.Miss you
M8.恋音と雨空
M9.さよならの前に
M10.Jewel(Misa-Chia)
M11.Eighth Wonder
M12.GAME OVER?
M13.NEW
M14.涙のない世界
M15.Next Stage
M16.PARTY IT UP
M17.Yell
 
EN1.ハリケーン・リリ、ボストン・マリ 〜 Get チュー! 〜 MUSIC!!!
EN2.Love
EN3.虹

一覧

秋月せいらの占い〜週間インスピレーションフォーチュン〜

2/6(月)〜2/12(日)の運勢

インスピレーションでボタンを
クリックすると運勢が見られます。

秋月せいらプロフィール

tag

ディーアップリキッドアイライナー

D-UPマスカラ

ディー・アップアイラッシュ

アジアの女性をもっと美しく!ANZ

WWS Channel

Instagram

aiku_maikawa

Instagram

動画一覧へ

tag

24時間テレビ AAA Amazon ANZ back number cafedeaiku chay Da-iCE DAIGO dog DREAMS COME TRUE DUP EDGE of LIFE Every Little Thing HAIRDIMENSION kagayaki kiwame LINE LIVE LIVE miwa MUSIC Nissy Pholicコラボ Photo PhotographerAIKU photorip SUI Tiny TONAL TRF ViVi WWS あいくの日本いいとこ再発見の旅1/47 アイライナー アカデミー賞授賞式 イベント ウブロ カクテル カルチャー カレンダー キキ&ララ コイズミ ココナッツオイル サプリメント シュークリーム ジュエリーベストドレッサー ジョシスタ スーパーフード スイーツ スキンケア スパークリングワイン スピードワゴン スミカスミレ スムージー ダイエット チーズケーキ チアシード ディーアップ トークショー ドラマ ネイル のむヨーグルト ノンアルコール バウムクーヘン バックステージ ハロウィン ピコ太郎 ファッション フェアリーズ フォトテクニックデジタル フォトリップ プリン プレゼント企画 ヘアー ヘアアイロン ヘアアレンジ ぺこ ホームメイド ポストカード マスカラ みさちあ メイキング メイク ももいろクローバーZ ゆしん ライブ ラテアート りゅうちぇる ロールケーキ ワイン 三浦大知 中西雄二 二階堂ふみ 仲里依紗 伊藤千晃 伝統工芸 伝統工芸家 佐々木彩夏 佐藤健 内田篤人 写真展 冬木慎一 前髪 台湾 和服 和菓子 坂口勝俊 大原櫻子 大宮エリー 大村祐里子 太田胃散 宇野実彩子 家入レオ 富山 小岩井農場 小栗旬 山﨑賢人 後藤真希 押切もえ 振袖 斎藤工 日本 日立 映画 最中 有村架純 東京ガールズコレクション 柴咲コウ 榮倉奈々 橋本環奈 武田梨奈 武田鉄矢 氣志團 池田エライザ 洗顔ネット 深瀬介志 無印良品 生酵素 田中将大 町田啓太 真剣佑 着物 瞬間の色~愛~ 窪田正孝 給与 美容 美導 美肌塾 藤原さくら 蜷川実花 西内まりや 西島隆弘 西野カナ 転職 農業女子 通販 野村周平 長谷川京子 高橋優 鳥取
Official